住宅ローンと不動産売買契約の関係

住宅ローンはマイホームを購入するための資金を調達するために利用するものです。そのため住宅ローンの手続きをする場合、不動産売買に関する手続きも行っています。それはもちろん住宅ローンの借り換えであっても同様です。

そこで住宅ローンと不動産売買契約の関係はどのようになっているのかというとまず不動産売買契約をする前に、住宅ローンを利用できるか否かを調べるために、いくつの銀行で仮の審査を受けることになります。簡単な審査になりますが、ある程度利用できるか否かを判定することができます。

仮の審査を通過することができたら、今度は不動産売買契約を締結します。その際、買主側が売主側に手付金を支払います。ただ住宅ローンを利用できる可能性が高いだけで、100%利用できるとは限りません。そのため住宅ローンの融資に関する解除条項を盛り込んで、不動産売買契約を締結します。

不動産売買契約締結後、住宅ローンの本審査を受けることになります。この審査が下りれば、そのまま融資を受けて購入手続きをします。審査に落ちてしまった場合は、契約条項にのっとって、不動産売買契約を解除します。