築20年未満のリフォーム済み住宅を購入するかどうか

築30年を超えた一戸建て住宅ですと、リフォームしても結局は数年でお金が無駄になるかもなんて考えてしまいますが(リフォーム費用ばかりかさんでしまうだろうから)、築20年未満の住宅ですと、ものすごく考えてしまいますね。

もちろん築20年未満の中古住宅を購入するかどうかです。築20年未満でなおかつボイラーをリフォーム済みだと聞けば、やはりものすごくお買い得物件だという印象になりますから。

けれども、配管のリフォーム費用は用意しておかないと、築35年目で直すことになるだろうな~でも住宅ローンの借り換えができれば、それを元手にリフォーム費用も賄えるだろう~などと、既に皮算用はしてしまっているのですよね。

まあ迷うよりもまずは、内見させてもらうのが一番でしょうか。そして設備の型番も調べて、それでリフォーム業者にもその後見積もりをもらってみて…と、既に頭であれこれと考えてしまっていますね。

けれども家主には率直には言い辛かったりするのですよね。これが不動産屋さんを介してのやりとりでしたら、不動産屋さんを介してストレートにリフォームの見積もりをするのに必要な情報を聞いてしまうのですが、知り合いから買うのも少々ややこしいものです。そこを考えると、やはり見送るべきかどうかも悩みます。