中古住宅購入とリフォーム、同時に行ったときの住宅ローンは?

 マイホームを手に入れる際に、中古住宅を購入して、さらにリフォームをかける人も中に入ると思います。この場合、住宅ローンで中古住宅購入とリフォームの費用を一度に借り入れるほうがいいのか、それともそれぞれのローンを組んだほうが得なのか、また住宅ローンの借り換えをするべきか否か相談するか、迷ってしまいます。

 私があえてお勧めを申し上げるならば、金利の高いリフォームローンをわざわざ選ぶのではなく、中古住宅購入とリフォームを同時に行うことが出来る住宅ローンを使うのがいいでしょう。住宅購入代金とリフォーム代金をまとめた形で住宅ローンを組んでしまえば、住宅ローンベースの金利にもなり、支払い期間も最長35年になりますから、計画的に返済を進めていくことが出来ます。

 最近のリフォームブームに乗って、金融機関では住宅ローンにリフォームローンを組みこんだローン商品を用意するようになって来ました。貸し出してくれる金額は、やはり担保が中古住宅である以上、なかなか高額の融資を受けられるとは限りませんが、逆を言えば身の丈レベルで、確実に返済できるだけの金額を融資してくれるので、借りる側としては安心できると思います。